「いろいろな保険会社のマネーセミナーに参加しましたが、ライフステーションだけ異色で、私には一番役に立ちました。というのも…」

ライフステーションお客様に聞く ─ 小裏由美子様

熊本県 熊本市にお住まいの小裏由美子様に、ライフステーションを選んだ理由について詳しくお話を聞きました。uservoice-koura

自分の保険、これでいいのか?

“由美子様が保険のことを真剣に考えるようになったのはいつ頃からですか”

お店を開いて数年後、30代半ばからです。自営業は全部が自分の責任、将来の備えをしとかんといかんと思いました。その頃、お店のお客様の中に保険会社の人がいたので、その方の薦めで、がん保険、医療保険に加入しました。最初はそれで安心していたのですが、40代半ばになって、「この保険で本当によかっだろうか」と疑問が湧いてきました。

家計の圧迫

“「今の保険でいいのか」というと具体的には”

その頃は、月々の支払いで家計が圧迫されていました。売上げが少ない月には保険料を支払うと、手元にはわずかしか残りません。趣味の映画や読書もままなりませんでした。40歳半ば、人生の折り返し地点も過ぎています。将来の備えも必要ですが、同時に、毎日を精一杯楽しみたいという思いも、若いとき以上にありました。そこを我慢して入っていた保険ですが、じゃあ、これで安心なのかというと心もとない。正直、自分の保険の内容さえ今ひとつ不明でしたし。それに保険だって日進月歩のはずで、もっと良いもの、お得なものが出ているかもしれません。保険、見直したい、そう思うようになりました。

3つのマネーセミナーに出席。だけど…

“そのあと、何をしたのでしょうか”
uservoice-koura-1
写真右はライフステーション渡辺

それが正直なところ、気分が重くなるだけで、具体的には何もできていませんでした。保険は、漠然としていて難しいし、情報を集めても、端々が分かるだけで、全体のことは分かりません。困った、どがんしようかなと思っていたある日、いつも読んでいるリビング新聞に、「保険会社主催の無料マネーセミナー」の案内が載っていました。本を読んでもよく分からんけど、セミナーで話を聞けば、分かるかもしれんと思って参加しました。ちなみに、すみません、こちらはライフステーションではない別の会社のセミナーです。セミナーは分かりやすくていい内容でした。その後も合計で3つのマネーセミナーに行きました。どれも良かったです。
ただそれでも、どのセミナーでもなーんか足らんなって思って。結局、保険を切り替えるまでにはいきませんでした。

自分が本当に求めていたことは?

“「どのセミナーでも足りないところがあった」と言いますと”

どのセミナーでも、終わった後に個別相談会がありました。3回とも出席しましたが、全ての個別相談会で「いきなり保険商品の提案」があって、それが今一つでした。

“売り込みがあるのはイヤだということですか”

uservoice-koura-2いえ、別に保険の提案があること自体はかまわないんです。私自身、もっと良い保険はないかと思って、セミーに来てるわけですから。問題はその提案の内容です。どの相談会でも、とりあえず私の年齢、職業、年収、健康状態を聞いてきて、だったら、こんな保険に「入れますよ」というように、自社商品の中で、いまの私が「入れる保険」を提案してくるのです。でも私が探しているのは「いま入れる保険」ではなく、「自分の将来を本当に安定させてくれる保険」です。何だか話がズレている気がしたので、3回とも相談会に出ただけで、そのあとはどの会社にも連絡しませんでした。
その頃、知人の紹介でライフステーションのことを知りました。「病気をしたとき医療保険でお世話になったけど、すごく親身になってくれた。ここ、よかよ」と教えてくれました。その後、ライフステーションから「女性のための無料のマネーセミナーを開催します。よかったらどうぞ」と案内があったので、とにかく出席してみることにしました。

ライフステーションのセミナーの良かった点

“セミナーの印象はいかがでしたか”

セミナーの講師は山口社長でした。山口さんの話は、聞いていて不思議と頭によく入ります。話の内容は、前の3回のセミナーと基本的には同じなのですが、私の心への浸透力が違いました。「なんでだろか」と後で思ったのですが、たぶん、山口さんの話には「自分の経験」がたくさん盛りこまれていたからだと思います。もうひとつ、他のセミナーとの大きな違いは、相談会の中で、「で、私はどがんすればいいのか」という話があったことです。

個別相談の内容

“「で、私はどうすればいいのか」という話があったというと、具体的には”

ライフステーションの個別相談では、保険の「商品」の話はありませんでした。最初は、私の生活や家計の現状、今までどうだったか、これからどうしたいかをヒアリングしていただき、それをふまえて、「私にとって将来、お金がどんくらい必要になるのか」を教えてくださいました。担当の方からは、「小裏さんのことを理解していないうちに、商品の説明や提案をしてもしょうがないですから」という言葉がありました。
2時間の個別相談を受けたあと、私は、それまで心の中に溜まっていた重苦しい何かがすっかりなくなったんです。将来に希望が持てる気がしました。その後、担当さんに「ライフステーションで保険を切り替えたい」と伝えました。ライフステーションからは、働けなくなったときの収入をカバーしてくれるなど、今までよりも手厚い保障を持つ保険が提案されてきました。なのに保険料は今までより安い。おかげで退職金の積み立ても始めることができました。結局、生命保険、医療保険、退職金積み立て(自分年金)、さらにはバイク保険、自動車保険など全部ライフステーションにお任せすることにしました。おかげさまで、すっかり気持ちが軽くなりました。

不安を消すには

“現在、将来のお金のことをいろいろ考えている女性に向けて「先輩ユーザーとしてのアドバイス」などあればお聞かせください”

以前の私は、「保険について、毎月の支払額はハッキリわかるのに、自分の将来のことは漠然としかわからん」ことに不安と重圧を感じていました。同じような想いの方がいらっしゃるのなら、セミナーなどに出て、はっきりとした知識を持つのがいいかもしれません。私の経験からいっても、ハッキリ分かれば、不安はだいぶ消えますから。この先、世の中の経済状況も変化していくと思います。保険もそれに合わせて変える必要があるのかもしれませんが、これからは1人で悩むのではなく、ライフステーションに相談できます。
ライフステーションさん、このたびは、私の人生設計やお金の計画のことをお手伝いいただき、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。uservoice-koura-3